湿電池

  • 概要 +


    ソフトコンタクトレンズの測定および検査装置

    Sterling はソフトコンタクトレンズの正確な測定と検査用に幅広い機器を提供しています。すべての機器はソフトコンタクトレンズを生理食塩水に浸して、レンズ分析に湿電池を使用するベストプラクティスメソッドを利用します。


    OPTIMEC マシンの動作原理

    レンズ直径の測定と表面の検査は以下の通りです:

    ソフトコンタクトレンズを 10mm 直径のシリンダーに置きます。プローブがマイクロメータースクリューと手動ダイヤル(BCOR スケール)によりシリンダーの中央で上昇します。レンズ直径はプロジェクションスクリーンで確認できます。BCOR 値は BCOR スケールから読み取り可能です。

    グラチクル(焦点表面のグリッドライン)が湿電池内で上昇し、ソフトコンタクトレンズの平面図に沿って投影されます。この方法により、表示画面の倍率に関わらず、レンズ直径の正確な測定が可能になります。最小区分は 0.1mm です。



  • JCF および JCF/F +


     

    JCF は生理食塩水ろ過システム付きまたはなしでも利用できます。

    JCF/F にはキャビネットに搭載された蠕動ポンプがあり、生理食塩水を再生可能なカートリッジフィルター経由で電池に戻します。ポンプシステムは、湿電池にあるコンタクトレンズの画像が影響されないように、生理食塩水から粒子を取り除きます。

    JCF および JCF/F 両方とも TC20 温度制御システムに取付可能です。

    JCF および JCF/F のメリット:

    • 使いやすい湿電池システム
    • ソフトコンタクトレンズの 3 つの重要なパラメーターすべてを +/- 0.05mm で測定。内側半径測定 6.5mm ~ 9.5mm
    • 中央厚さ測定 3.5mm ~ 最大
    • 全体直径測定 6.0mm ~ 16.0mm
    • 平面図倍率 X16
    • 側面図倍率 X19
    • デュアルプロジェクションシステムによりレンズプロファイルとフルエッジ検査両方が可能
    • レンズフォーカスによる上部および下部表面検査
    • オプションの生理食塩水ろ過システム
    • オプションの湿電池温度管理


  • TC20:レンズ分析湿電池の温度管理 +




    TC20 は信頼できるペルチェ効果を利用している安定かつ正確な固体冷却器具です。NTC サーミスタを使用する温度プローブを湿電池に浸し、生理食塩水を必要な温度まで加熱または冷却します。その後、その温度に常に維持します。

デフォルト温度は摂氏 20 度ですが、特殊なニーズまたは研究開発アプリケーション用に摂氏 15 ~ 38 度の温度設定がオプションで可能です。
上記ユニット用フィルターは Sterling からご購入可能です:当社宛にお問い合わせください

パーツ番号:OPT1001-1

    TC20 のメリット:

    • 生理食塩水を通常のオペレーション用に摂氏20 度に一定して冷却
    • 温度は摂氏 +/- 0.3 度に設定
    • 温度変化による寸法変化を避けます
    • 冬季における生理食塩水の加熱
    • R&D およびその他の応用向けに生理食塩水溶液を必要な温度(摂氏 15 ~ 38 度)に加熱または冷却
    • 温度管理ユニットは別なので、必要に応じて取り外し/スイッチオンまたはオフが可能です。


  • Chiltern +




    Chiltern は JCF の経済的かつコスト効率の良いバージョンであり、同じ測定原理で動作します。

    生理食塩水のろ過または温度制御は取付られません。また、コスト低減のために光学の設計は簡素化されています。

    しかしながら、ソフトコンタクトレンズ確認用の正確かつ便利な器具であり、様々な検査タスク用に開業者や製造業者双方により利用されています。